浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

マスキング

マスキング

外壁塗装は住宅の外壁だけではなく、外壁に付随する箇所となる、軒天井や破風板、雨樋や雨樋を支えている金具、雨戸を収納する天袋と言った部分も併せて塗装をするケースが多く在ります。

これは、外壁だけを綺麗に塗替えした時、外壁に繋がっている場所の汚れなどが目立ってしまい、折角の外壁塗装の見栄えが悪くなってしまうからです。

また、同時に塗装をしておけば、自然の猛威により劣化した部分の補修や塗り替えが出来るなどのメリットが在ります。

尚、住宅の外壁にはエアコンのホースや室外機、換気扇、窓ガラス、給湯設備と言った塗料が付いてしまうと困る部分が在りますが、塗料が付いてしまっては困る場所に着いてはビニールシートを利用してマスキングを行う事で塗料がガラスに付着するなどを防ぐ事が出来るようになります。

そのため、外壁塗装では塗料が付いてしまうと困る場所はマスキングの処理を施してから塗料を使って塗装を開始する事になります。

 

お役立ち情報

マスキングと言うのは目隠しと言う意味を持つ言葉で、外壁塗装においては窓ガラスなど、ペンキが付いてしまうと困る場所にビニールシートを使って覆ってあげる必要が在ります。

尚、窓ガラスは一面にビニールシートを張り付けてから、テープを使って固定を行います。

そのため、マスキングが行われた後と言うのは、窓ガラスを自由に開け閉めする事が難しくなってしまうため、外壁塗装を行う場合には季節を考えておくのがお勧めです。

特に、外の空気を入れ返して生活をしたい人などにとって、マスキングが施されている時などは窓ガラスを開けたりすることが困難になるため、外壁塗装を行う業者の担当者に相談をしておくことで、一部の窓を開け閉めする事が出来るようにして貰う事も出来ます。

尚、ビニールシートは塗装が完了するまでの間はそのままになるため、雨が多い季節などの場合は工事が長引いてしまう事も在ります。

そのため、雨が比較的少ない季節を選ぶ事で工事中も快適な生活を送れると同時に、工事が短期間で終了すると言うメリットが在ります。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら