浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

パラペット

パラペット

パラペットとは何でしょうか?パラペットは、扶壁(ふへき)、胸壁(きょうへき)とも呼ばれ屋上の端に立ち上げられている、胸の高さくらいの壁のことをいいます。

設置目的は、手すりの変わりをして、落下防止の役目をするほか、雨水を防水するためでもあります。シート防水する場合も、シートの端をパラペットに巻き上げて、抑え止めにも使用します。

商業店舗なども、屋根の端を立ち上げ、壁状にしてデザイン的に美しく見せるものもあります。この壁があるおかげで、外壁に直接雨が、垂れ流しにになるのを防ぎ、外観もグレードアップして見えるので、ひと昔前の店舗などでは、木造でもわざわざ、サイディングで飾り壁を立ち上げる構造が好まれていました。現在の新築店舗では、あまり見られなくなりましたが、料金的にも、リーズナブルな価格で施工できたので、いたるところで流行ったものです。

トタンで施工するのもあって、その上に吹き付け塗装して、豪華そうに見せるのが、テクニックでした。

 

お役立ち情報

外壁塗装する場合も、壁と一緒にパラペットも塗装してしまいます。

パラペットの役割は、落下防止と雨の防水、装飾効果なので、この部分だけ色を変えて、吹き付け塗装をする場合が多いようです。色を変えれば、デザイン的にツウトンカラーのイメージで、人により好みはあるでしょうが、一般的には、外壁のアクセントとしても重要な役割を果たしているのです。

外壁塗装する際は、足場を組みますが、パラペットが多少出っ張っているので、少し膨らませるように組まないと、後工程の塗装の時、塗装ガンの取り回しが難しくなるので、注意して組みます。塗装する時も、外壁と色違いにするため外壁に養生が必要で、外壁の塗装が乾いてからするので、少しばかり工期が延びてしまいます。

塗装も下地塗り、中塗り、仕上げ塗りと通常3回塗装するので工期もかかるもので、塗装が乾いて養生を取り除き足場を解体して初めて工事が完了するのです。現場の作業員達に感謝しなければなりません。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら