浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

軒天(のきてん)

軒天(のきてん)

軒天(のきてん)は、住宅の屋根の外壁より外側に出ている部分の天井の事を意味しています。

住宅の屋根の多くは、外壁よりも外側部分に出ているケースが多く在りますが、この外壁よりも外側に出ている屋根の天井部分(軒裏部)を軒天(のきてん)と呼び、軒裏部になる事からも、軒裏天井とも言われています。

住宅の外壁塗装を行う時に、外壁に付随する部分を併せて塗装するケースが多く在ります。

例えば、雨樋や雨樋を支えている金具、破風板、雨戸や雨戸を収納するための戸袋、そして軒天などは外壁塗装を行う際に、同時に塗装をしておくことで外壁が綺麗になって、付随する箇所の汚れが目立たなくなるなどのメリットに繋がります。

そのため、塗装業者の担当者は住宅の外壁に付随する部分の工数を外壁とは別に計算をして見積もりを作成して貰えるケースが多く在ります。

また、外壁同様に耐久性が低下しているため、これらの箇所を同時に塗装しておく事がお勧めです。

 

お役立ち情報

住宅の屋根には色々な形状がありますが、切妻屋根、寄棟屋根、入母屋等の屋根と言うのは、外壁よりも外側部分までせり出した形で作られているケースが多く、屋根に降り注いだ雨がせり出した部分で雨を受けてくれるので、窓を開けた時に雨水が直接落ちて来ないと言うメリットが在ります。

そのため、余程雨足が強くない限りは、この部分に洗濯物を干しておいても雨に濡れないなどのメリットが在ります。

外壁塗装を行う時に、外壁に付随する部分も併せて塗装を行うケースが多く在りますが、破風板は屋根を突き破るような形で2本の板が交差して出て来る千木と、屋根の下側で千木と繋がっている部分になります。

また、外壁から飛び出している屋根の天井部分を軒天(のきてん)と呼び、住宅にこれらの部分が在る場合には必ず塗装を同時に行うケースが多く在ります。

軒天(のきてん)の塗装面積自体は小さい部分になりますが、景観に関わる場所、そして湿気により劣化が激しくなる部分と言う事からも外壁塗装を行う時には補修を行っておくことが大切です。

 

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら