浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

塗り重ね

塗り重ね

外壁塗装は塗料の重ね塗りを行う事で塗料の膜が出来て、外壁の表面を覆ってくれるようになります。

一般的に外壁塗装は下塗り1回、中塗りが1回もしくは2回、上塗りが1回と言った形で行われることになり、3~4回の塗料を重ね塗りすると言う、塗り重ねが在る事で塗料が外壁の表面に塗膜を作り出す事になります。

因みに、外壁塗装に利用する塗料には機能性塗料と一般塗料の2つの種類が在りますが、一般塗料にはアクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素樹脂系塗料と言った4つの種類が在ります。

これらの塗料にはそれぞれ異なる樹脂成分が含まれていて、塗り重ねを行う事で1回りも2回、2回よりも3回と言った具合に、塗料の膜の厚みが出てくる事になります。

この塗料の膜の厚みを作り出しているのが塗料に含まれている樹脂成分で、耐候性はアクリル系塗料よりもウレタン系塗料に含まれている樹脂成分の方が高いため、耐用年数などにおいても長くなると言うメリットが在ります。

 

お役立ち情報

外壁塗装は塗料に含まれている樹脂成分が塗膜を作り上げる事で、自然の猛威から外壁を守る事が出来るようになります。

塗膜と言うのは塗料による膜であり、塗り重ねを行う事で塗膜の厚さが大きくなるため、耐用年数などにも良い影響を及ぼしてくれます。

外壁塗装に利用する一般塗料には、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素樹脂と言う4つの種類が在り、それぞれの塗料には異なる樹脂成分が含まれています。

尚、耐用年数はアクリル系が最も短く、続いてウレタン、シリコン、フッ素樹脂と言う順になりますが、コストについては耐用年数に比例して高くなるのが特徴です。

また、外壁塗装用の塗料には機能性塗料と呼ばれているものが在り、その一つに光触媒塗料が在ります。

光触媒塗料においても塗り重ねを行う事で塗料の膜を作り出してくれますが、この塗料は紫外線を浴びる事で汚れを浮き上がらせる効果が在り、汚れが浮き上がった時に雨により汚れを落とすと言うセルフクリーニング機能が在ります。

 

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら