浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

二液性塗料(にえきせいとりょう)

二液性塗料(にえきせいとりょう)

建物の外壁や屋根に塗る塗料にはアクリルやウレタンなどの樹脂の違いによって分ける分け方の他にも一液、二液など単一の製品のみで塗膜を作るものと二液を混合させて塗膜を形成するものの2つの分け方があります。

このうち、二つの液を混合して利用する塗料を二液性塗料(にえきせいとりょう)といいます。

この二液性塗料(にえきせいとりょう)は屋根などの塗料として使われることが多いのですが、一液が水性塗料なのに対して二液は溶剤塗料のため、分子も細かく仕上がりが緻密でというメリットがあります。

二回塗布するという手間がかかりますが、その分、建物を守り丈夫に美しく仕上げることができるというメリットがあります。

二液性塗料(にえきせいとりょう)は特に遮るものがなく紫外線の影響を大幅に受けてしまう、屋根に使うことでそのメリットを最大に生かすことができるので、壁は一液性塗料、屋根は二液性塗料を使うというケースは多く見られます。

 

お役立ち情報

 

二液性塗料(にえきせいとりょう)は二種類の塗料を混合して塗膜を形成されますが、その二液はベースとなる主剤、そしてコーティング作用のある硬化剤に分けることができます。

その主剤と硬化剤の割合は製品ごとに割合が変わってくるので主剤が3に対し硬化剤1のこともあれば別の割合のものもあります。

この特徴として一種類の塗料のみでは塗膜が形成されないので密着性や耐候性がありませんので、あくまで二液を決められた体積で混合することにより化学反応が起きて丈夫な塗膜を形成することができるのです。

一液性に比べて分子が細かく塗膜が強く仕上がるので、熱にも強く耐久性が高いというメリットがあります。

ウレタン系やエポキシ系の塗料が多いため水性よりも溶剤系が多くなっています。

特に紫外線に対しても強いため、他の家屋の影になることも多い外壁には一液性を利用し紫外線が当たり劣化が早まってしまう屋根などの塗料にこの二液性塗料を使われるケースが多く見られます。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら