浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

中塗り(なかぬり)

中塗り(なかぬり)

外壁塗装は太陽の紫外線や熱などにより劣化が生じた外壁リフォームで、塗料を使って塗膜を作り上げる事で耐久性を持つ外壁にすることが出来ます。

但し、外壁塗装は単に塗料を使って塗れば良いということではなく、塗料を塗る前には塗膜をしっかりと定着させるための下地調整が重要なポイントになります。

また、外壁塗装は塗膜を作り出すことで雨を弾き飛ばしてくれる外壁にすることが出来るため、3~4回の重ね塗りを行う事で、塗料に含まれている樹脂成分が外壁を覆い、耐久性を持つ外壁に仕上げる事が出来ます。

また、中塗り(なかぬり)と言うのは2回目や3回目の塗装の事を意味しており、外壁塗装の重ね塗りが3回の場合は2回目の塗装で、外壁塗装の重ね塗りが4回の場合は2回目と3回目が中塗り(なかぬり)になります。

そのため、外壁塗装の重ね塗りの回数が多くなるほど塗膜は厚みを持つため、耐久性能を高める事が出来るなどのメリットが在ります。

 

お役立ち情報

外壁塗装は塗料を使って3~4回の重ね塗りをするのが一般的です。

1回目の塗装は下地と2回目の塗装の接着剤の役割を持つもので、下地を綺麗に仕上げておくことで1回目の塗料は下地にしっかりと定着してくれます。

また、2回目の塗装は中塗り(なかぬり)と呼ばれるもので、1回目の塗装により外壁にしっかりとした塗膜を形成させる目的で行うもので、外壁塗装が4回の重ね塗りとなる場合は、2回目と3回目の塗装が中塗り(なかぬり)になります。

一番上に塗る塗料は、外壁に塗られた塗膜の表面を覆うものであり、太陽の紫外線や熱などをまともに受ける部分となるため、最も重要な塗装になりますが、住宅の色を決める部分でもあるため、塗料の色を選ぶ場合には慎重になる塗装でもあります。

尚、塗料の色を決める時にはカラーサンプルを利用するケースが多く在りますが、カラーサンプルを利用する場合は蛍光灯の下で見るのではなく、太陽の下で見る事で色選びの失敗を防ぐ事が出来ます。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら