浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

打診(だしん)

打診(だしん)

打診(だしん)は一般的に建築現場などで行なわれる診断方法の一つで、外壁を叩くことでその音の違いから異常などの早期発見を行なうことが出来ます。タイルがコンクリートに剥離していないかどうかを確認するために行なわれるケースが多く、専用の打診(だしん)棒を用いて調査することが多いです。

タイルが浮いているかどうかは、叩いた時の微妙な音の違いから判断出来る場合も多く、ある意味、その診断方法は玄人による職人的作業となることも多いです。本来は建物全部に対して行なうのが望ましいですが、その棒が届く範囲の一階部分を重点に行い、その一階から全体部分の建物までを推測するのが一般的に行なわれます。

建築基準法でも第12条においては、建築物の外装材の種類と時期によって打診(だしん)を行い、それを定期報告する様に定めています。目的としてはタイルの落下などにより、下にいる人が危害を加えるのを抑制する目的や耐震性の観点から行なわれることが多いです。

 

お役立ち情報

建築基準においては、打診(だしん)についての調査の仕方のフローが決まっています。まず外装材にタイルや石貼り、モルタルが使われているかどうかを確認して、使われていない場合は目視で十分となります。

しかし外装材にタイルや石貼り、モルタルが使用されている場合、竣工後又は外壁改修後、10年を超えているかどうかを確認し、超えている場合は目視と手の届く範囲での部分的な打診(だしん)による検査が必要となります。そして3年以内に外壁改修又は全面打診調査を行うことが確実かどうかが問われ、もし行なわれない場合も上記の検査が必要となります。

そして歩行者の安全を確保するための対策を行なっているかどうかを確認し、行なっている場合も上記の検査を行い、もし行っていない場合には次の検査が必須です。その検査は、落下により歩行者等に危害を加える恐れのある部分のすべてに対して、全面打診調査を行なう必要があります。

このように打診(だしん)検査を義務付けることで、その外装材の落下を未然に防ぎ、それによる重大被害を防ぐこととなります。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら