浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

タッチアップ

タッチアップ

タッチアップと言うのは、外壁塗装を行った後に、塗り残しや傷などが在る場所が見つかった時に、修正処理の塗装を行う事を意味しています。

塗料を使って広い面積の外壁の塗装を行う中で、塗り残しなどが起きる事が在るため、塗装完了後に塗り残しや傷などのチェックを行い、必要に応じてタッチアップを行って仕上げの品質を向上させる目的で行われています。

因みに、外壁を補修する時など釘打ちした場所が在る場合など、釘が見えてしまうと外壁の品質が下がってしまいます。

しかし、外壁と同じ色の塗料を使ってパテ処理を施すことで釘打ちした部分が目立たなくなります。

また、外壁全体の塗装だけではなく、部分的な塗装を行う時など、外壁の部分的な汚れ、傷と言った部分を現在の外壁の色に合わせた塗料を使って部分的に塗り替える事もタッチアップと呼ばれており、最終的な仕上げなどで利用する手法で、外壁塗装の作業が完了した後に、外壁をチェックした時に塗り残しなどが見つかった時に塗装業者の担当者に依頼をすることで塗り残しなどを綺麗に仕上げて貰う事が出来ます。

 

お役立ち情報

住宅の外壁塗装は劣化した外壁の耐久性を取り戻す目的で行うリフォームで、10年に1度の割合で外壁塗装を行っておけば、外壁は自然の猛威から守ることが出来る状態になりますし、外壁が自然の猛威から守れる状態になる事で建物全体を守り、住宅に住む人々の健康を守ることが出来ると言うメリットが在ります。

外壁塗装を行った後は、雨が降った時などは外壁が雨を弾き飛ばす能力が蘇りますが、塗り残しなどが在る場合には、そこから雨が入り込んでしまう事も在ります。

そのため、外壁塗装を手掛ける業者と言うのは、3~4回の重ね塗りをした後に、外壁の表面をチェックして、塗り残しや塗装表面に傷が在る場合にはタッチアップと呼ばれる部分塗装を行って外壁塗装の品質を高めてくれます。

また、外壁を補強する目的で釘打ちを行った場合、釘は金属製であり錆びる可能性があるため、釘の頭の部分を塗料を使ってタッチアップを行う事で釘の耐久性を高めることが出来るようになります。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら