浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

タスペーサー

タスペーサー

住宅の外壁塗装は10年に1度、屋根塗装は8年に1度の割合でリフォームしておくことで、住宅全体を守る事が出来るようになると言われています。

最近の住宅の外壁はサイディングボードが使われ、屋根材はカラーベストやコロニアルと言ったスレート屋根を利用しているケースが多く在りますが、サイディングボードやスレート屋根は自然の猛威により日々劣化をすることになります。

そのため、定期的な塗装リフォームを実施しておくことで新築の時と同じような耐久性を維持させることが出来るようになります。

所で、カラーベストやコロニアルなどのスレート屋根の塗装を行う時に、縁切り利用されるスペーサーにタスペーサーと呼ばれている材料が利用される事が在ります。

尚、縁切りを行う場合には、カッターなどを使って屋根を傷つける必要が在りますが、スレート屋根の重なり部分に、タスペーサーを挿入してあげる事で、屋根材に必要なスペースを確保し、屋根塗装を行う事が出来ると言うメリットが在ります。

 

お役立ち情報

タスペーサーはスレート屋根の塗装には欠かせない材料であり、通常カッターを使って屋根を傷つけての塗装となるものを、この材料を利用する事で屋根を傷つけることなく、通気性の確保、毛細管現象による雨水の吸水などを最小限に抑えることが出来ると言うメリットに繋がります。

また、タスペーサーを使う事で屋根塗装に必要となる縁切りの工程が簡略化出来ると言うメリットも在ります。

因みに、毛細管現象と言うのは、細い管状の内側の液体が管の中を上昇したり下降する現象で、スレート屋根が重なっている部分に浸入して来た雨水を排出する隙間を用意させたり、通気性を良くしてあげて下地板の蒸れを防止することで、毛細管現象を最小限に抑えることが出来るようになります。

尚、タスペーサーにはクッション性や耐熱性、耐久性などが求められることになりますが、住宅の屋根と言うのは夏場などでは80度近い高温度になるため、耐熱性が求められると言う事です。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら