浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

セメント瓦

セメント瓦

セメント瓦は粘土製の瓦や陶器製と違い、塗装が必要です。

塗装が必要とされる瓦はセメントのほかに、コンクリート瓦があります。この2つは良く似ているため、素人には見分けが難しいようです。セメントの瓦はコロニアル瓦と呼ばれ、軽量で地震などで瓦がずれることは殆どありません。しかし2001年より前の製造であればアスベストが15パーセントほど含まれています。

非飛散性アスベスト成形に分類され、アスベストが自然に飛散して人体に悪影響を与えることはないです。しかし葺き替える場合は割れないように配慮が必要であり、廃棄するときにもアスベストに関する条件や法律の制限を受けます。

近年では粘土瓦に似たセメントの瓦が作られ、風合いや色合い・艶など塗装をすると区別が付きません。見分け方は角が滑らかであれば粘土、角がギザギザしている場合はセメントと覚えて下さい。そして形状は和風や洋風・その他平形やエス字形などあり、洋風の瓦が増えています。

 

お役立ち情報

セメント瓦はセメントで作られているため、割れ易いことが難点なります。

メリットは工事費用が安く出来ることで、標準工事費用は8000円/㎡です。日本瓦の標準工事費用が9000円/㎡ですから安価ではありますが、メンテナンス費用が高いことも忘れてはいけません。太陽光や雨風などによって変色や塗装の剝がれが起きます。そのため数年ごとの点検が必要で、定期的にメンテナンスしないとセメント瓦自体の劣化が早くなります。セメントの塗装費用の目安は35万円から120万円ほどとなります。

この費用を火災保険でカバーできる場合があります。火災保険に加入されているならば、火事のときだけでなく「火災保険の風災・雪災・ひょう災」補償を利用します。この補償サービスは自動的に付帯されていて、瓦が風や雪・ひょうが原因で傷んだことが保険会社の鑑定会社によって認められると、修理費用がカバーされる可能性があります。

基本補償の中でも特に風災補償は重要で、突風・強風・春一番・つむじ風・台風などの強い風による損害です。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら