浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

シーリング

シーリング

住宅の場合では、屋根や外壁が取り付けられていることになりますが、多くの資材で継ぎ目部分が残されていることになります。

このような場面ではシーリング処理を行うことが必要とされているのですが、シーリングとは合成樹脂や合成ゴムなどを原料としているもので、住宅の場合では隙間部分を充填することを目的にしています。

例えば住宅には外壁があり、外壁の種類によっては継ぎ目部分があります。継ぎ目をそのままにしておいた場合では、浸水被害が起きてしまうので、充填する方法で雨漏りの被害から住宅を守ることができます。同じように屋根材によっても使われることが多く、窓のサッシと外壁との隙間部分などを埋める際にも用いることも一般的です。

使いやすい素材としても知られていて、施工方法は業者や施工場所で変わる傾向にありますが、例えばマスキングテープを用意して、充填する部分だけを露出させてから専用のヘラで施工する方法などもあり、シーリングは曲面でも対応させることができる素材になります。

 

お役立ち情報

一般的な住宅の多くには、外壁や窓のサッシ回り、屋根の隙間部分などに対してシーリング処理を行っていることが一般的です。

程良い弾力性を持っている素材として知られているように、密着させた場合では高い耐水性や気密性を持っていることも大きな特徴です。しかし、シーリング処理を行っていても、一定の年数が経過してしまうと、後に経年劣化を起こしてしまうこともあります。その多くが硬化してしまったり、肉痩せを起こしてしまったり、ひび割れを起こしてしまうことになり、本来の能力を発揮させることが困難になってしまいます。この状況であれば、住宅に雨漏りなどが発生してしまうことがあるために、専門業者に依頼を行った上で、新しいシーリングへと施工し直すことが必要とされています。

外壁塗装などを行うような場面では、施工料金の中に含まれていることも多く、劣化してしまっている場合では、新しく施工し直すことになるので、長期的に住宅を守る上では欠かせない内容です。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら