浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

遮熱塗料(しゃねつとりょう)

遮熱塗料(しゃねつとりょう)

塗料にも多くの種類がありますが、遮熱塗料(しゃねつとりょう)と呼ばれるものもあります。この塗料はその名前の通り、熱をシャットアウトするのに役立つものです。高日射反射塗料とも呼ばれており太陽の光を高反射することで上昇する温度を下げることができ、室内に入る熱の量を大幅に抑えることができます。遮熱塗料(しゃねつとりょう)はリフォームの際に屋根や外壁、ベランダなどに塗装されることが多くなっています。夏の室温の温度を抑えるのに役立ち、より涼しく過ごすことができますが、冬場の保温効果はないものが多くなっています。似たような塗料に断熱塗料がありますので、保温効果も得たいという場合はこちらが向いています。

色によっても遮熱効果には差があり、色が薄いもの、明るい色のものは反射率が高いですが、色の暗いもの、濃いものの場合は反射率も低くなりますので、効率よく熱を逃すのであればやはり明るい色のものを選んでおくことがおすすめです。

 

お役立ち情報

遮熱塗料(しゃねつとりょう)を屋根や外壁に施しておくと室内の温度上昇を抑えることができますので、夏場も室内がより涼しくなり冷房費を抑えられる省エネ効果が期待できます。

遮熱塗料(しゃねつとりょう)は室内を快適にするのに役立ちますが、それだけではなく躯体が熱によって劣化することも防ぐことができますので、家の寿命を延ばすのにも役立ってくれます。

遮熱塗料(しゃねつとりょう)が特に効果を発揮してくれるのは屋根に塗布することですが、屋根の中でもトタンやガリバニウム合板、アルミなどの金属屋根で高い効果が期待できます。

こうした金属屋根は軽くて丈夫ですが熱伝導率もよく、薄いこともあり、すぐに熱が裏側に伝わり、室内の温度が上昇しやすくなります。

こうした場合も遮熱塗料を施しておくことで温度の上昇が抑えられ、より室内環境も快適となります。

選ぶ塗料により耐久性や遮熱性には差が出てきますので、選ぶ際はよく比較して良い塗料を選んでおきましょう。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら