浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

ケレン

ケレン

ケレンとは、塗装を行う前に、塗装面についているサビや汚れ、あるいは古い塗装を除去することを言います。主に屋外の鉄製部分の塗装前に行います。風雨にさらされてサビが発生していたり、ゴミやホコリが付着していたり、古い塗装が剥がれかけたりしているところにそのまま新たに塗装をするのが適当でないことは誰でも想像がつくでしょう。そのとおりで、適切にケレンを行わないと、美しく仕上がらないだけでなく、塗装そのものも長持ちしません。簡単に剥がれてきたり、サビが進行したりするからです。

ところで、主に鉄製部分に対して重要となるケレンですが、別に鉄製部分だけに限るものではありません。確かにサビが発生するのは鉄など金属だけですが、木などに対しても行われます。これは、塗装をしっかりと密着させるため、また、塗装を美しく仕上げてしかも長持ちさせるために行う下準備だからです。例えば木の場合、表面がデコボコしていたりささくれていたりするのを修復するのも広い意味ではこれに含まれます。

 

お役立ち情報

一口にケレンと言ってもいくつかの種類があり、1種から4種までに分類されています。ただし、実際には1種が行われることは今やまず無いと言ってよく、また一般の住宅などでは2種もほぼ行われません。一般の住宅では3種か4種だと思っていて間違いないでしょう。それぞれについて説明します。

4種とは、ほとんどサビは発生していないレベルで、表面のゴミやホコリを落とす程度のものを指します。単にブラシやほうきで汚れを落とす程度であり、日常的な掃除と同じようなレベルです。

3種とは、部分的にサビが発生しているものです。サビを、やすり等の工具でそぎ落とします。古い塗装が残っている場合でも、全面的にはぎ落とすことはしません。劣化しているものははぎ落としますが、劣化していない部分はそのまま残します。

一方、2種や1種がなぜ今ではほぼ行われないかというと、つまりこれはかなりサビや劣化が進行した状態ですので、ケレンを行って回復させるよりも、全面的に取り替えたほうが安くて早いからなのです。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら