浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

結露(けつろ)

結露(けつろ)

結露(けつろ)は主に外部と内部の気温差が大きい時に、ガラスや壁の表面にできる水滴のことです。空気中に含まれる湿気の量は気温が高い時に大きく、気温が下がると小さくなります。外部と内部の境にはガラスやコンクリート、その他の仕上げ面があり、外気で冷やされた部分と内部で発生した湿気が接触し、そこで結露が発生します。

住宅で結露が多い部分はサッシとガラスの部分です。金属製のサッシと普通のガラスは熱を通しやすく、外気温の影響を受けやすいか所です。省エネ用として使われるアルミと樹脂の複合サッシやLow-Eガラスは、熱貫流率が小さいために結露の発生は抑えられます。

結露で注意しなければならないのは、納戸や押入れなどの見えない部分に発生する結露です。長期間、結露の発生に気が付かないために原因を放置し、付近の材料を傷めてしまいます。壁の内部に発生する結露にも注意が必要です。壁の内部にはわずかな隙間から室内の暖かい空気が入り込み、冷やされた壁内部に結露をつくってしまいます。

 

お役立ち情報

結露(けつろ)の発生を抑えるためには二つの方法があります。一つは室内で湿気を発生させないこと、或は、湿気を一部の部屋に閉じ込めて十分な換気を行うことです。もう一つは断熱材と防湿シートの設置により、外気で冷やされる部分に、室内の暖かい空気を近づけないことです。

湿気の発生は住宅の場合、キッチンに集中します。LDKなどのように、キッチンと他の部屋を仕切っていない場合は、キッチンで発生した暖かい空気が部屋の隅々にまで達します。しかも、空間が狭い場合は、窓際で結露が発生しやすくなります。キッチンは単独の部屋として仕切るか、キッチンとその他の部分を分ける下がり壁を設置することで、結露の発生を防ぐことができます。

外壁がコンクリートの場合は、収納部分のような見えない部分にも断熱材の設置が必要です。内部結露を防ぐためには断熱材の室内側に防湿シートを入れることが効果的です。防湿シートの部分で暖かい空気が止まり、断熱材や構造用の木材の部分にまで湿気が入り込ませないためです。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら