浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

躯体(くたい)

躯体(くたい)

躯体(くたい)とは、建築物の構造部分のことをいいます。構造部分とは建物そのものを支える骨組のことで、スケルトンとも呼ばれます。基礎、柱、梁、壁面、床などの家を形成する基本となるものを指し、これらの造りをしっかりとすることで、建物全体の安全性が保たれることになります。

使う材料により、木造、ブロック造、鉄骨造(S造)、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)などに区分されます。鉄筋コンクリート造は柱や梁などの主要部分に鉄筋の入ったコンクリートを用いたものを指し、耐久性や耐火性に優れています。重量が重いため、中高層の建物によく使われます。鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリートに更に鉄骨を内蔵させた構造になります。鉄筋コンクリート造よりも更に強度に優れており、高層建築によく用いられています。鉄骨造は躯体に鉄や鋼の部材を使った工法で、使用される鉄骨の種類により重量鉄骨造と軽量鉄骨造に分けられます。単に鉄骨造と言う場合は、重量鉄骨ラーメン構造のことを指します。

 

お役立ち情報

躯体は、家を建てる際に最も大切な部分です。どの工法を採用するにしても、ここがしっかりしていないと建物の安全性が確保できません。建物の建築工事は、躯体工事と仕上げ工事の2種類で成り立っています。躯体工事は、まず基礎工事を行った後、柱や壁、梁を作り、床版や天井板を設置した後に屋根をかけます。こうして出来上がった建物の基礎に、窓やドア、台所や浴室などの水廻り設備工事、電気設備工事、外壁や内壁を取り付ける仕上げ工事を行うことで建物が完成します。躯体の確認をしたい場合は、仕上げ工事が始まる前に現地に赴くことが大切です。仕上げ工事が始まってしまうと、建物の構造は隠れて見えなくなってしまうからです。

家を建てるときだけではなく、借りるときも注意する必要があります。建物の内壁や外壁に亀裂やひび割れが生じていて、それが躯体にまで達して建物の構造体そのものに影響を与えている場合があります。これは構造クラックと呼ばれ、これを見つけた時は早めに管理会社に連絡するようにしましょう。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら