浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

ガルバリウム剛板(がるばりうむこうはん)

ガルバリウム剛板(がるばりうむこうはん)

ガルバリウム鋼板(がるばりうむこうはん)とは、外壁材や屋根材として最近使われることの多い金属板で、アルミ55%+亜鉛43.4%+シリコン1.6%からなります。

ガルバリウム鋼板は最近は新築の外壁にも使用されるケースも増えてきていますが、主に屋根材として利用されることが多いものです。そこには様々な理由が存在します。

まず、地震の揺れに強いという点です。瓦と比べて重さが10分の1なので家屋に負担がかからないのです。そして、次は値段の安さです。コストが他の屋根と比べて低価格で済みます。そして、錆びにくいという点です。今までの金属の屋根はどれも雨水の影響で錆びやすく、穴が開くこともあったのですが、ガルバリウム鋼板は錆びにくく、トタンの3倍以上長持ちすると言われています。そのため、最近は外壁にも使用されることが多いのです。

また、加工がしやすくて工事の工期を短くすることが出来るため、施工費用も安く抑えることが出来るというメリットもあります。

 

お役立ち情報

ガルバリウム鋼板にはひとつ気になる点があります。それは薄い金属なので雨が降ると金属音がうるさいという点です。

トタン屋根の下で雨音がうるさいと感じた経験は誰にでも1度はありますが、ガルバリウム鋼板も同じ薄い鉄板なので、ほぼそれに近い音がします。しかし、その雨音を防ぐ方法はいくつか存在します。

まずは、特殊塗料を塗ることです。完全に音を無くすことは難しいですが、軽減させることは可能です。そしてもうひとつの方法は、カバー工法を施工することです。それは、スレート屋根の上からガルバリウム鋼板で覆えばいいのです。これなら、逆に遮音効果も上がります。そしてもうひとつ、貰い錆の問題というものもあります。ガルバリウム鋼鈑は本来錆に強いのですが、他の金属の錆を貰って数年で穴が開いてしまうこともあります。この場合は、他の金属の材料や鉄くずや鉄のごみなどを接触させないように注意することです。

そして、もし錆を発見したらすぐに錆を落として部分的に再塗装しましょう。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら