浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

笠木(かさぎ)

笠木(かさぎ)

笠木(かさぎ)は鳥居、門の上などに渡す横木であり、住宅の中などでは仕上げ材として利用する木材もしくは金属製の材料になります。

塀を初めとして、階段の手摺や腰壁、パラペットと言った頂部に施工を行う時に利用する仕上げ材で、笠木(かさぎ)に利用される材料と言うのは、木材や金属などが在ります。

また、仕上げ材と言う事からも、利用する部分の材質に合わせたものを使うのが特徴で笠木に用いる材料は、笠木を取り付ける壁などの仕上げ材と同等、もしくは金属製の笠木が利用されるケースが多く在ります。

また、室内の階段、吹き抜け廻りなどには手摺壁の頂部に、被せるように設置する木製の部材も笠木と呼ばれています。

因みに、腰壁と言うのは壁の低い部分の事を意味しており、一般的には窓台を基準として、窓台よりも下の部分を擁壁と呼び、腰窓の下部分の壁、対面キッチンの仕切りなどに設けられる部分で、床よりも1cm程の高さの壁などを腰壁と呼んでいます。

 

お役立ち情報

笠木(かさぎ)は住居内に多く在る部位になりますが、住宅の外側にも笠木(かさぎ)は在ります。

例えば、パラペット頂部に施工時に利用する仕上げ材として笠木(かさぎ)が利用されています。

パラペットと言うのは、水平な屋根、ベランダの端に設置されている立ち上がり部分などの事を意味しており、パラペットの内側部分は、屋上の防水を立ち上げますが、天端は金属製のパラキャップを設置したり、塗布防水処理を施すケースが多く在ります。

また、外壁側については、外壁の仕上げが立ち上がり、天端は内側に向けて勾配を設ける必要が在り、勾配を設けないと外壁側に雨が流れてしまい、汚れが付いてしまうからです。

尚、パラペットは屋上階と同じようにコンクリートを使って施工を行うのが良いと言われています。

因みに、パラペットの顎部分と言うのは、丸環を取り付けるケースが多く、パラペットのコンクリート部分に埋設して挙げておくことで、簡単な外壁修理の時などに、吊り足場の固定として利用する事が出来ます。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら