浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

縁切り(えんきり)

縁切り(えんきり)

縁切り(えんきり)と言うのは屋根材に塗料を使って塗装をした時に、塗料で塞がってしまった隙間を、道具を使って1枚ずつ開けて行く工程の事を意味しています。

最近はスレート屋根とも言われている、コロニアル屋根やカラーベスト屋根と言った材料を使う住宅が多くなっています。

コロニアル屋根材、カラーベスト屋根材は、見栄えが良く、施工が楽、そして価格もお手頃と言う事からも利用される人が増えていますが、スレート屋根と言うのは、1枚の薄い板を複数屋根に貼り合わせる事で屋根を作り出すことが出来る屋根材で、板同士に在る隙間は屋根に降り注いだ雨水を逃がす構造になっており、この隙間の上から塗装を行う事で隙間が塗料で塞がってしまいます。

塞がった状態になると雨水を逃がす部分が無くなるため、屋根の腐食や建物内部への雨漏りなどの原因にもなりますし、湿気が溜まる事でカビの原因にもなります。

そのため、縁切り(えんきり)を行ってメンテナンスを行う事が大切です。

 

お役立ち情報

縁切り(えんきり)は塗料で埋まってしまった隙間を空ける作業の事を意味しています。

手間がかかる作業ではありますが、縁切り(えんきり)を行う事で住宅の建材を腐食させずに済むと言うメリットが在ります。

屋根塗装を行う時には必ず縁切り(えんきり)を行い、メンテナンスを行いますが、この時に利用する道具にタスペーサーと呼ばれるものが在ります。

因みに、タスペーサーの費用と言うのは住宅の屋根の面積に応じて変わるのが特徴で、20坪の屋根であれば約700個のタスペーサーが必要になりますし、30坪の屋根になると約1,000個のタスペーサーが必要になります。

タスペーサーは1個当たり10円から50円と言う金額になりますが、屋根の面積が広くなるほど多くの数を必要とすると言う事です。

尚、縁切りは新築からの塗り替えの時や急勾配の屋根などの場合は、作業が不要になりますが、一度屋根塗装を行った住宅などの場合には必要な工程となるため、塗装業者の担当者に確認をしておくと安心です。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら