浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

上塗り(うわぬり)

上塗り(うわぬり)

上塗り(うわぬり)は外壁塗装の中でも最終的な色を決める塗装工程になります。

住宅の外壁は自然の猛威を受ける場所であり、ひび割れや耐水性の低下と言った耐久性の低下を持つ部分でもあり、10年に一度の割合で外壁塗装を行う事で、外壁を自然に猛威から守り、建物を守ることが出来るようになります。

外壁塗装はペンキを使って塗ると言うリフォームになりますが、ペンキを塗る前に外壁の表面を綺麗に仕上げておく必要が在ります。

一般的に、外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗(うわぬり)の3回もしくは、中塗りを2度行う4回塗りで行われており、下塗りは下地と中塗り塗料の接着剤の役割が在り、中塗りは塗料の膜を作り出すために必要な塗装で、最終的に行われる上塗り(うわぬり)は塗膜を作り上げると同時に、住宅の外壁の色を決める部分と言った役割が在ります。

また、塗料の膜が外壁にしっかりと定着させるために必要となるのが下地調整で、ペンキを塗る前の工程をきちんと行う事で、耐久性を持つ外壁に仕上げる事が出来ます。

 

お役立ち情報

上塗り(うわぬり)は外壁塗装の仕上げ段階の塗装になります。

3回もしくは4回の重ね塗りをすることで、外壁は塗料に含まれている樹脂成分が塗膜と言う膜を作り出して、自然の猛威から外壁や家を守る事が出来るようになります。

下塗りや中塗りと言うのは途中の塗装となりますが、塗膜を作り上げるために必要な工程で、最終的な上塗り(うわぬり)は建物の美観を決める重要な塗装でもあるのです。

外壁塗装を行う時には、住宅の外壁をどのような色を使って塗るのかを決める必要が在ります。

これは上塗り(うわぬり)工程の色決めと言う事になりますが、色決めをする時のカラーサンプルは小さいため、実際にその色を使って塗装をした時とサンプルで決めた色の見た目の違いが生じる事が有りますが、カラーサンプルを見る時は、塗装を行う住宅の外壁に当ててみることで、現実の塗装とサンプルで決めた時の見た目のギャップを無くすことが出来ると言うコツが在ります。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら