浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

ウレタン塗料

ウレタン塗料

ウレタン塗料は質感が柔らかく、また密着性が良いという特徴から以前は主流の塗料として使われていました。またこの塗料は元々細部の塗装に適していたこともあり、現在でも引き続き細部の塗装にはウレタン塗装を使用する場合が多いようです。

なおこの塗料の耐久年数は8年から10年程度となっています。またこの塗料は多くの場合、硬化剤を用いた2液型塗料のことを指しています。このタイプの塗料は1液型塗料とは異なり、塗料を作る際に硬化剤を混ぜるとその時点から硬化現象が起こります。一般的に硬化剤の比率によって作業の性質や塗装の用途が異なってきます。

なお実際に塗装した直後は樹脂、液剤、硬化剤が混ざった状態ですが、溶剤が揮発や蒸発を繰り返していくと樹脂と硬化剤はこれに反応して網目構造を構築します。この網目構造が緻密であればあるほど品質の良い塗料ということになります。なおこの塗料は熱を加えると反応がさらに進みます。そのため、焼き付け塗装等にも利用されています。

 

お役立ち情報

ウレタン塗料は耐久年数が7年から10年程度とシリコン塗料やフッ素塗料のそれと比べると耐久性があまりありませんが、アクリル塗料よりは持ちが良いという特徴があります。

価格や機能性についてもバランスが良いという特徴からかつて万能塗料と言われ、主流の塗料として重宝されてきました。またこのようなことから様々な用途に用いられてきました。さらにこの塗料に適した下地との組み合わせは細部の塗装に向いているため、現在でも木の性質や塩化ビニール製の雨樋等の細かな部分を塗装する場合はウレタン塗料を使用することが多いようです。元々万能塗料と言われてきたためか、耐候性、耐水性、耐薬性のいずれの面においても優れています。ただ残念なのは防汚性や紫外線に関しては他の塗料よりもやや劣るという一面を持っています。

またこの塗料で塗装した後は光沢のある仕上がりとなり、光沢自体はその後しばらくの間続きますが、変色してしまうのが難点です。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら