浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

雨押え(あまおさえ)

雨押え(あまおさえ)

住宅の外壁や屋根などには色々な部位が在り、それぞれに呼び名が付いています。

外壁塗装や屋根塗装と言うのは、外壁もしくは屋根だけを塗装する場合も在りますが、大半の場合が外壁や屋根などに付随する箇所も併せて塗装を行うのが一般的です。

そのため、それぞれの部位の呼び名などを覚えておくことで、塗装会社の担当者から知識を持つ人と言ったイメージを与えられるなどのメリットも在ります。

例えば、雨押さえ(あめおさえ)と言うのは住宅内部に雨水の浸入防止の目的で施工されるもので、別名雨仕舞いなどとも言われている部分です。

外壁と開口部の上枠、戸袋上、土台上、屋根と外壁の立ち上がりの取り合いなどの部分に取り付ける板などを雨押さえ(あめおさえ)と呼びます。

因みに、戸袋と言うのは雨戸を収納する部分で、外壁塗装を行う場合には、戸袋なども併せて塗装を行う事で、外壁だけが綺麗になって戸袋の表面の汚れが目立つと言う事が起き無くなります。

 

お役立ち情報

雨押さえ(あまおさえ)は、建物の中に雨水が浸入するのを防ぐ目的で取り付けている板や部位であり、外壁塗装や屋根塗装を行う時に同時にメンテナンスをしておきたい部分です。

雨漏りと言うと屋根の上からの雨水が浸入する事で起きると言うイメージが在りますが、雨漏りの多くは外壁や雨押さえ(あめおさえ)などの重要な部分からの雨水の浸入によるもので、屋根の上からだけではなく、それ以外の部分から雨水は建物内部に入り込んでくるのです。

しかし、住宅のメンテナンスをしっかりと行っておけば、大切な建物を雨漏りから守ることが出来ますし、雨押さえ(あめおさえ)についても劣化した部分を修復しておけば、本来の役割でもある雨水の浸入防止になる部分になります。

因みに、木製の雨押さえの上部などには、剃刀と言われている薄い金属板を設置するケースが多く在ります。

また、剃刀は壁の下側から10センチほど上部まで入っている、雨押さえ金物とも言われています。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら