浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

アクリルタイル

アクリルタイル

外壁を仕上げる際に使われるのがセメント系のものとアクリル系の薄付け仕上げ塗材ですがその中でも現在主流となっているのがアクリルタイルです。

タイルといってもタイル状のものを貼り付けるわけではなく塗料を吹き付けて、模様塗りを行ったあと、乾燥する前にローラーや金コテを使って抑えて仕上ゲルものです。

複層仕上げが中心となっており、コンクリートやモルタルの湿式工法下地に、塗料を下塗りし、主剤のベースを吹き付けるという3層構造が主流になっています。

アクリルタイルはクラックを防ぐ効果のある弾力性を備えているので弾性リシンとも呼ばれ現在は多くの物件の壁材として使われています。

吹付けの際はリシンガンや万能ガンという専用の道具で1回から2回吹き付けて施工します。

その上でローラーやコンプレッサーなどを使って仕上げるので表面はクレーター状の凹凸模様となります。

長期間ひび割れやカビを防ぎ、藻などが発生するのを防ぐ効果もあります。

 

お役立ち情報

アクリルタイルは現在多くの物件の外壁塗装に使われています。

合成樹脂などの結合剤にけい砂、軽量骨材、寒水石などを主原料としていますが特にアクリルタイルはシリコン系のものに比べるとコストも低く導入しやすいというメリットがあります。

スタッコや吹き付けタイルなどの模様塗りを行ったあとに金コテやローラーで平にする方法は凸部処理やヘッドカットと呼ばれ、こうした処理を行わない場合には吹きっぱなしと呼びます。

仕上がりは陶磁器質の美しい風合いがあり、防水性が高くヘアークラックを防ぐ弾性を備えています。

新築にこのアクリルタイルを使用する場合には、主剤に防藻効果、防カビ効果のある塗料を混ぜて使用することで、北側の壁でも藻の繁殖やカビを抑えて長く美しい外壁を維持することができます。

このような外壁の仕上げには吹付式の中粒仕上げ、押さえ仕上げの他にも、リシン、スタッコ、サイディングなどさまざまな仕上げ方法があります。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら