浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

浜松の外壁塗装会社がお教えする!工事の時間が延びてしまう日とは?

工事となるとどうしてもお隣さんに気を使ってしまいますよね。外壁塗装の工事はあまり騒音トラブルにつながることはありませんが、臭いなどがご迷惑につながる可能性があります。

なるべく作業を終わらせたいというのが正直なところですよね。作業時間は天候によって大きく左右されるので、なるべく天気の良い日を選ぶのが重要です。
そこで今回、作業時間を長引かせてしまう天候や気候をご紹介します。

○外壁塗装の一日の作業時間
外壁塗装の作業時間は基本的に午前中から日没までとなっています。しかし、これは天候や気温によって変わるので、作業をお願いするときには天気予報のチェックが大切です。

○雨や曇りの日
外壁塗装はしっかりと乾燥させることが大切なので、小雨でも時間が延びるどころか延期になってしまいます。塗料に雨が混ざると仕上がりにムラができ、工事後の劣化を早める原因になります。
曇りの日は作業が可能ですが、乾燥に時間がかかってしまうので、作業が延びる傾向にあります。

○風が強い日
風が強いと、塗装中にホコリやゴミが混入する可能性があるので、塗装を控えるケースが多いです。また、塗料が風によって飛び散ってしまうことも挙げられます。

○結露が発生する日
特に冬の朝は結露が発生することが多いです。塗装に水分は大敵なので、結露が発生している日は午後からの工事、特に寒い日には延期も想定されます。
作業前には近隣住民の方へご挨拶に行きましょう。外壁塗装は浜名湖ホームサービスにお任せ下さい。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら