浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

静岡のお住まいの方必見!外壁塗装を考える家を建ててからの期間とは?

外壁塗装っていつ考えればいいのか疑問に感じたことはございませんか?なかなかご自身でチェックする機会も少ないので、忘れてしまうことも多いと思います。
そこで今回、家を建ててからどれくらいの期間で外壁塗装を見直せばいのかご紹介します。

○外壁塗装を考えるのは築10年!
外壁塗装を考えるタイミングは一般的に、築10年と言われています。築10年となると、建物の劣化や塗料も剥げてくるので、メンテナンスを見直す良い時期と言えます。
必ずしも10年経てば外壁塗装を行う必要はありませんが、一つのきっかけになるでしょう。外壁塗装を行うべきか分からない場合は外壁塗装業者に頼んで、必要かどうか確認してもらいましょう。

○どうして築10年が目安なのか
外壁塗装で使用される塗料は大体限られ、主に10年以下のもの、長くても15年といったところなので、約10年が一つの基準になってくるのです。
劣化を知らせるサインとして、ひび割れやチョーキングなどご自身でチェックできる症状があるので、試してみましょう。

○地域によって変わってくる!?
お住まいの地域や周囲の環境によって、耐用年数にも差が生じます。塗装は水分や湿気に弱いので、雨が多い地域や寒い地域、周りに川や海があるお家は劣化も早くなってしまいます。ご自身の環境に合わせて見直す時期を調整しましょう。

外壁塗装を見直すことはとても重要です。是非機会を設けて状態をチェックしましょう。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら