浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

外壁塗装で避けるべき時期

「外壁塗装を施工する時に、避けた方がよい時期はありますか」と質問をいただくことがありますが、基本的に塗装工事ができない時期というのはありません。 もちろん大雨や台風の日は工事はできませんが、それ以外であれば工事自体はできます。 しかし、塗装に用いる塗料の関係で、気温が5度以下の時と、湿度が85%以上ある時は塗装はできません。 この条件の時に塗装をすると、あとから剥げやすくなったり、塗装の持ちが悪くなったりします。 ですので、真冬と梅雨の時期は塗装ができなくなる可能性が高くなると言えます。 雨の日は塗装できませんので、梅雨の時期の塗装は、場合によっては工期がかなり延びてしまう可能性があります。 また、気温が低すぎる場合は、塗料の伸びが悪くなるため、仕上がりに影響が出たり、塗った塗料の乾燥に時間がかかるため、工期が予定より延びたりします。 このような点から考えると、塗装を美しく仕上げ、スムーズに施工を進めるためにも、梅雨の時期は避けた方がよいでしょう。 もちろん、住んでいる地域の条件や、使用する塗料にもよりますので、施工時期を検討する時は、具体的に業者に相談してみることをおすすめします。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら