浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

モルタル外壁の傷み

モルタル外壁の劣化症状として多いのが、緑色に生えてくるカビ・コケ・藻で、時には壁が黒く見えてしまうこともあります。 これらは外壁の塗膜劣化が進むことにより発生するのですが、場合によっては新築1年経過でその症状が出ることもあります。 チョーキングやクラックなどのひび割れとは違って、これらの発生は建物の耐久性に問題のある緊急性を伴う状態ではありませんが、見た目が良くないということです。 特に日当たりの悪い建物北側の壁や屋根で発生しているのが良く見られ、近くに植物が生えていると胞子が外壁に付きやすくカビが生えやすい状態となっているのです。 中でもリシン塗装は表面がザラザラしていて無数の窪みがあるのが特徴で、そこにカビ胞子が入り込み根を張ってしまうのです。 高圧洗浄で全ての菌糸を取り去ることは難しいですが、リシンを始めとするザラザラした外壁でも再塗装により塗膜を張り、空気を遮断することによりカビを死滅させることが出来るのです。 また、外壁はその塗膜により新たにツルツルになりますので、前の状態より発生の確率が減ります。 昨今の塗料は防カビ材が含有されているものも多くありますので、より安心です。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら