浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

シーリングがはがれていると雨漏りの危険が

シーリングは外壁に縦と横のラインである目地などの隙間に、
合成樹脂や合成ゴム製のペーストを充填することです。

 

 

シーリングの目的は、
建物の変形によってできるひび割れを防止することと、
目地を事前に設けることで、不特定の場所に
ひび割れを起こさないようにして、あらかじめ計画した場所に
ひび割れを生じさせるように誘発する目的です。

 

 

シーリングには、防水性と気密性を持ったシーリング材を使います。

 

シーリングも外壁と同じで、永久的に機能するものではなく、
放っておくと劣化してしまいます。

 

6年から10年くらいで劣化を始めるので、
10年に一度は修繕する必要があります。

 

劣化したままにしておくと、雨漏りなどの危険ですし、
建物本体の劣化が加速してしまい、
建物の寿命を短くしてしまう恐れがあります。

 

定期的にメンテナンスを行うと、
雨漏りを防止することができますし、
家の美観を保つことにも繋がりますので、
専門業者に相談して修繕を行いましょう。

 

浜松市で外壁や屋根の塗り替え・リフォームなら
浜名湖ホームサービスにおまかせください。
http://hamanako-home.com/

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら