浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

外壁塗装は雨の日でも作業できるの?

劣化した外壁をそのままにしておくと、雨漏りなどの原因に繋がり、家を守るための外壁の能力が低下する事になります。 10年などの期間を目安に外壁塗装を行うことで、性能が低下した外壁に耐久性を高めてくれて、雨が降った時でも外壁は雨水を吸収させることなく弾き飛ばす外壁に作り換えることが出来ます。

 

外壁塗装の作業は雨の日でも行うことが出来ますが、出来れば梅雨の時期などの雨の日が多い季節は外した方が良いでしょう。 塗装後は、硬化するために乾燥させなければなりません。

 

しかし、雨の日に塗装を行ってしまうと 固まる前に雨によって塗料が流されてしまう危険があります。 また、雨の日でも行うことが出来る作業と言うのは、足場を組み立てる工程、高圧洗浄、外壁のメンテナンスなどです。

 

しかし、雨がどれだけ降っているのかにもよりますが、強く雨が降るような日というのは、足場も滑りやすく危険を伴う事からも中止になる場合があります。

 

また、塗装後の乾燥が必要な工程では数時間後に雨が降り出す時など、作業が中止になることもあります。 そうなると完成までの時間もかかってしまうので 雨の日の塗装はあまりオススメは出来ません。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら