浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

クラックを修復するにはどうすればいい?

クラックとはひび割れを意味しています。壁や建物にクラックが見られた場合、それらが地震などによってダメージを受け、劣化していることが考えられます。そのままにしておくと大きな損害につながる可能性もあるので、早急に修復することが必要です。

 

クラックを修理するための方法ですが、まずは外壁を作り直すと言う方法が挙げられます。クラックだけでなく、外壁そのものにも劣化が見られると言う場合には、こうした方が確実であり修復方法としても手早いためです。

 

それから弾性シーリング材を注入することもあります。シーリング材は隙間や継ぎ目を埋めるためのものですから、それを埋め込むことで、ある程度、クラックによるひび割れを修復することが期待できます。

 

クラック幅が大きい場合、修復方法がいくつかあるのが通常で、たとえばエポキシ樹脂を使用する方法が代表的な方法です。これは接着力が強く、酸素や水分の透過性が低いのが特徴です。

 

そのため風雨などに強く、またたくさんの化学物資に対しての耐性も高いので、腐食防止に対しての効果も期待できます。ですから幅が大きいクラックの場合は、これを行うとその補修、また壁などの耐性を上げることができます。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら