浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

ヘアクラックを修復するにはどうすればいい?

外壁に関しては、モルタル壁などの場合、経年劣化によってクラックが出来てしまうことが目立ちます。この現象に関しては避けることが難しい部分があり、酷く乾燥してしまうことで出来たり、揺れによって出来てしまうこともあります。

 

ヘアクラックなどの非常に幅の狭い状態に関しては、塗り替えを行う際にも事前に修復する必要が出てくることが多く、その方法の中にはクラック部分に樹脂の注入を行う方法もあります。この方法に関しては、多くのクラックに対応することができるので、非常に効果的な方法として利用されています。

 

他には男性塗料の塗装を挙げることができます。弾性塗料の場合では、細かい溝の部分を埋める役割を行うことができるので、特別な下地処理を行うことなく綺麗に修復することも不可能ではありません。

 

一般的なモルタルの場合、放置してしまうと内部に浸水してしまうことが多く、コンクリートの外壁なら中性化が進み内部の鉄筋がさびる可能性が非常に高まってしまうことになるので、ヘアクラックを見つけた場合では、できるだけ早期に修復した上で外壁塗装を行うことが良い方法です。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら