浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

縁切りって?

最近はカラーベストタイプの様な軽量化を実現したストレート屋根が多いですが、その多くは薄い板を屋根に貼り合わせることで実現します。
そして薄い板を貼り合わせた後に屋根の塗装を行いますが、塗装を終了させた場合には必ず縁切りの処理を施しておくことが重要なポイントとなります。

 

そして縁切りとは、屋根の重ね部分が塗料で埋められるのを防ぐことを言い、それは屋根塗装でも大事な工程となります。
縁切りを行う理由としては、雨水を逃し屋根の腐食を防ぐことにあります。

 

つまり通気性を良くすることで水分による屋根の腐食を抑制することができ、屋根の耐久性をアップさせることもできます。
なお新築した場合の一回目の塗装では繋ぎ目の隙間自体が十分に確保できているケースも多いですが、二回、三回と屋根の塗装を行っていくとその隙間自体が埋まっていくこととなります。

 

当然、隙間自体が埋まってしまうと雨水を逃し屋根の腐食を防ぐことが出来なくなるので、腐食しやすくなります。
そのため屋根の塗装後には隙間を一枚一枚開けていく作業を必要とします。

 

最近は薄い板の貼り合わせた部分にタスペーサーという器具を挿入させることで、隙間の確保をするケースも多く利用されています。
タスペーサーは確実に縁切りすることも可能であるため、それを縁切りで利用すると安心できます。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら