浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

油性塗料の特徴

前回は水性塗料について紹介しましたが、今回は油性塗料について説明していきたいと思います。

水性の場合は溶剤に水を使っていますが、油性塗料にはシンナーが主に使われています。
ですので、塗装のときにはあの強い刺激臭を伴います。

 

油性塗料の特徴はやはり耐久性や速乾性があることです。
前回もお話しした通り、最近では水性塗料の性能も向上してきてはいるのですが、やはりまだ油性塗料のほうが雨風に対しての耐久性が勝っている部分はあります。塗膜のツヤを長持ちさせたい場合にも油性塗料のほうが勝っていると言えるでしょう。

 

また、油性塗料はシンナーを溶剤としているということは先ほど書きましたが、このシンナーは揮発性が高く、気温が低い季節でもすぐに乾燥するので工期が短くて済む、というメリットもあります。

 

更に、油性塗料だと金属表面にも高い密着性を保ったまま塗装することができ、これは水性塗料にはない特徴なのです。

 

油性塗料は水性塗料よりも価格が少し高めになるのですが、同じ耐久性のもので油性と水性の価格を比べると、ほとんど変わらないでしょう。

油性塗料には1液型塗料と2液型塗料があるのですが、その違いはまた次回ご説明しますね。

 

この2回で水性塗料と油性塗料の特徴を紹介しましたが、外壁との相性もあり、ご自分でどちらか好きな方を選んでいただくことができない場合も多々あります。そこはご了承ください。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら