浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

水性塗料の特徴

外壁を塗装するときに欠かせない塗料にも様々な種類がありますが、今回と次回にわけて水性塗料と油性塗料の特徴を紹介していきたいと思います。

 

塗料は様々な基準で分類することができるのですが、中でも水性・油性の違いは前回の記事で紹介した、塗料の成分である溶剤に何を使っているかによって分類されます。

 

そして、水性塗料はその溶剤に水を使用している塗料なのです。
「水性だったら雨で流れてしまわないの?」と思われるかもしれませんが、全くそのような心配は必要ありません。

 

まず、水性塗料の一番の特徴はなんといっても刺激臭が少ないことです。塗料の臭いがきついと、ご近所に迷惑でないかと気を使わなければいけませんが、水性塗料ではその不安は少し減るのではないでしょうか。

 

耐久性に関してはやはり昔から油性のほうが強いと言われてきましたが、塗料も改良が進み、最近では油性に引けをとらない耐久性を持つ水性塗料も登場してきています。

 

しかし、水性塗料は乾くのに多少時間がかかり、塗料が乾ききらないうちに大雨が降ってしまうと、塗料が流れ出してしまう可能性があるのです。
ただ、一度乾ききってしまえば、溶剤である水分は蒸発して、水に溶けない顔料や樹脂のみが塗膜として残るので、雨で流されることはありません。

 

以上が水性塗料の特徴です。
次回は油性塗料について紹介していきますね。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら