浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

サイディングシーラーのメリット・デメリット

外壁材で非常によく使用される「モルタルシーラー」と「サイディングシーラー」ですが、現在新築の約70%近くは「サイディングシーラー」でしょう。

 

これほど人気であればメリットしかないのではないか?と思われる方もいると思いますが、そんなことはありません。

 

しっかりとメリットとデメリットを押さえておきましょう。

 

そもそも、サイディングシーラー(サイディング壁)は、外装材を貼った壁のことです。
種類は大きく分けて、窯業系、金属系、木質系、樹脂系の4つです。

 

メリットは、「デザイン性が豊富」かつ「扱いやすく施工しやすい」、「価格も比較的安価」で、「耐久性・耐火性も高い」ことが挙げられます。

 

また、塗り壁より重量が軽いので地震にも強く、地盤沈下しにくいこともメリットと言えるでしょう。

 

しかし、デメリットもあります。

 

ボードとボードをつなぐシーリングの劣化を発生させたり、塗膜がなくなると水を吸収してしまったりして、すぐに補修工事が必要になります。

 

だいたい施工から5~7年で防水性能が落ち、シーリングが経年劣化すると、変形や反り、ひび割れに繋がるのです。

 

それぞれの外壁にも特徴があり、メリット・デメリットがあるため、どのメリットを優先させるかを決めてしまえば、悩まずに決められるでしょう。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら