浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

雨戸の塗装方法とは

外壁塗装を行う際に、一緒にやっておいたほうがよい塗装として雨戸の塗装があげられます。

 

塗装工事というのは、足場を組んで、事前に近所にあいさつ回りなども行って、というように、しなければならないことがたくさんあるのです。

 

一度に済ませられる場所は済ましておきたいものですよね。

今回は、外壁塗装と一緒にやってほしい雨戸の塗装方法についてご紹介します。

 

まず、大まかな流れとしては、外壁塗装とそう変わらないのですが、
初めに細かいやすりなどで、雨戸を研磨し、汚れやほこりをきれいに取り除きます。

 

次に下地調整を行って、塗装が必要ない部分にしっかりと養生をし、
下塗り、中塗り、上塗りという3回の塗装で完成です。

 

また、雨戸はさびやすいので、一般的にさび止め入りの塗料が使われることも頭に置いておきましょう。

 

雨戸だからといって、1度塗りでいいわけではありません。
一度塗りのみの雨戸では耐久性は全然ありませんし、すぐに剥げてしまうものです。

 

このようなことにならないよう、契約段階で雨戸についても塗る工程、塗る塗料を確認しておくことが重要といえます。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら