浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

ベランダ塗装の劣化の原因とは

塗装工事を依頼するということであると、外壁塗装が最もスタンダードなものとなっています。

 

しかし、塗装というのは家のいたるところに施されていて、その中の一つにベランダ塗装があげられます。

 

ベランダの塗装も年数が経過していくにつれて劣化してしまうものなのです。

ではこの劣化は何が原因となっているのでしょうか。

 

今回はベランダ塗装の劣化の原因についてご紹介します。

 

まず、よくある原因として水がベランダにたまってしまうということがあげられます。

 

本来雨水は排水溝に流れるように勾配がついていてスムーズに水が流れるはずなのですが、
勾配不足のベランダや排水溝にゴミが詰まっている場合はどうしても水が溜まりやすくなってしまうのです。

 

水が溜まると、そこからヒビなどを伝って内部まで水が浸透してしまい、劣化を速めてしまう原因ともなります。

 

また、ひび割れもベランダ塗装の劣化の原因です。

主にひび割れの原因は経過に応じてのものですが、ひび割れたところを放置しておくことで、水が入ってしまい、劣化を進めてしまいます。

 

このように、水がベランダに溜まっていたり、ひび割れの兆候が見られたら
内部に劣化が進んでしまう前に塗り直しを検討しましょう。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら