浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

1液型塗料、2液型塗料ってなに?

みなさん、前回も少し触れたのですが、1液型塗料や2液型塗料という言葉を聞いたことはありますか?
外壁塗装について色々調べている方はもしかするとすでにご存じかもしれませんが、この言葉を聞いたこともない方のほうが多いのではと思います。

 

塗料は様々な基準で分類ができるのですが、今回はその中でも1液型塗料と2液型塗料という分類について説明していきます。

 

まず、水性塗料、油性塗料のどちらにも1液型塗料と2液型塗料が存在します。ただし、水性塗料は現在ではほとんどが1液型塗料になっています。
1液型塗料は主材にそのまま水やシンナーを混ぜて使うのに対し、2液型塗料はまず主材と硬化剤を混ぜてからそこに水やシンナーを加え、塗装をはじめることになります。

 

それぞれの特徴として、1液型は価格が安く取り扱いも簡単である反面、耐久年数はやや短いです。それに対して、
2液型は1液型に比べ価格が高い傾向にありますが、その分耐久年数も3年ほど長いと言われています。
2液型のほうが優れた耐久性を持っている理由は、硬化剤を混ぜたときの化学反応にあります。この化学反応を起こすことによって、塗装面により強く密着し、性能の高い塗膜を形成するのです。

 

いかがでしたか?1液型と2液型の違いを知っていただけたでしょうか。
次回からはそれぞれの塗料について紹介していきますね。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら