情報ブログ

海や塩水湖の近くならご注意を。塩害対策

日光、紫外線、乾燥、風、雨、飛来物、鳥…
住宅は常にさまざまなダメージを受けています。

 

そして浜名湖のような塩水湖や、海沿いにお住まいの方にとって忘れてはならないのが塩害です。
海や湖から吹き寄せる潮風により家もまたダメージを受けています。
どういった対策が取られるのでしょうか。今回は塩害の被害とその対策を確認していきます。

 

塩害とは、潮風や雨に含まれる塩分が家の建材やコーティングと結びつき、化学反応によってサビや腐食を発生させる被害です。
ほとんどの場合、海沿いに建てられる建造物は初めから腐食に強い建材を選択されていると思います。
ですが、テレビのアンテナや雨樋など素材からの対策は難しいものもありますし、塩害に強いといっても決して錆びないわけではないということもあり塩害への対策は必須です。

 

主に取られる塩害対策としては、コーティングを行うことによって塩害の進行を防止、もしくは遅らせるという対策が取られます。
また、塩分は乾燥すると硬くなり落ちにくくなる可能性が高いです。
特に、窓などにこびりついて白くなってしまうなどの塩害も見られますので、定期的に洗い落とすなどのメンテナンスも塩害対策として有効です。

浜名湖ホームサービスLINE@

浜名湖ホームサービスLINE@